美脚、美姿勢の基準 〜姿勢チェックをしてみよう!〜

美しい姿勢、美脚の基準を知っていますか?

あなたは、今の自分の姿勢の問題点を知っていますか?

もしあなたが自分の体に悩みを抱えているのなら、
まず、自分の身体の身体のどこに問題があるのか、
それを正しく知る必要があります。

そのためには、正しい基準を持つことがスタートになります。

美脚、美姿勢の基準

この章を読むとあなたは、
美しい姿勢の基準と自分の姿勢を比べて、
自分の問題点がわかるようになり、
美脚、美姿勢の第一歩を踏み出せるようになります。

人間誰にでも癖はがある

日常で歩き、立ち、座り、様々な動作を行っていますが、
その動作に痛みや違和感がなければ、
その動作に問題があるとは考えず毎日を過ごしていると思います。

ですが、毎日の習慣の結果が現在のあなたであることは事実であり、
もし、今あなたが自分の体型に不満を感じているのなら、
普段の何気ない習慣が原因となっていると考えなければいけません。

例えば、こんなことありませんか?

・捻挫の後、骨格の矯正をせずそのままにしていた
・きついブラジャーをつけている
・合わない靴を無理して履いている
・頬杖をつく癖がある
・足を組む癖がある

例えば、一見体型とは関係のない上記のような生活習慣が、
あなたの骨格を歪ませ、筋肉のバランスを崩し、
下半身太りや貧弱な上半身、肩こり、腰痛、生理痛などの
原因となっているのです。

思い当たることがあるのではないでしょうか?

痩せたい場所がヤセて、理想の体型になるためには
まず正しい理想の体型を知る必要があります。

正しい理想の体型を知れば、
あなたの身体の問題点も必然的に浮き彫りになってくるでしょう。

美脚、美姿勢チェック

チェック1横から見ても前から見てもまっすぐ立つことができ、
バランスのとれた美脚ですか?

・両足の親指の付け根と踵をぴったりとくっつけて立った時に、
太もも、膝、ふくらはぎ、内くるぶしの4箇所がぴったりとくっつき、
内くるぶしとふくらはぎの間、膝のすぐ下、股間に適度な隙間がある。

・全身を正面から見た時に、
眉間、両鎖骨の間、恥骨、膝の間が一直線である。

・全身を真横から見た時に、
耳、肩先、股関節、膝、外くるぶしが一直線である。

チェック2:姿勢良く座れますか?

・全身を正面から見た時に、
眉間、両鎖骨の間、恥骨が一直線である。

・全身を真横から見た時に、
耳、肩先、股関節が一直線である。

・椅子に座って両脚を揃え、床に対して垂直に下ろした時に、
膝の位置が均等でふくらはぎが互いにつく。

チェック3:左右同じ位身体が捻じれますか?

左右対象の姿勢がとれたり、左右差なく運動ができる。

チェック4:肩の高さは揃っていますか?

肩の高さが左右揃っている。

チェック5:靴の裏は綺麗ですか?

靴が左右片方だけ減っていたり、
一部だけ極端にすり減ったりしていていない。

チェック6:バストは綺麗な正しい三角形になっていますか?

左右の鎖骨の中間地点と左右のトップバストの
3点を結んだ三角形が、
1辺をあなたの手の指を
大きく開いた時の親指から中指までの長さとする
正三角形である。

チェック7:おへその位置と形は適切ですか?

綺麗なおへそは小さな縦長で、
ウエストラインの中央に位置している。

チェック8:ヒップサイズとバストサイズの差は何センチ?

ヒップサイズよりもバストサイズの方が、
5〜10センチ大きい。

チェック9:膝はどんな形ですか?

膝のお皿の骨(膝蓋骨)は本来は形がくっきりと現れて
デコボコもなく、座った時には尖って見える。

チェック10:足首は歪んでいませんか?

両足を揃えて座った時に、
足首の間の隙間が指一本分未満。

まとめ 

正しい基準を持つこと、自分の身体にしっかり向き合うことは
全てのスタートになります。

向き合いたくない部分もあるかもしれませんが、
悩みの解決は全てここから始まります。

質問受付

個別には返信できませんが、次回以降の内容や、FAQ作成時に反映させていただきます。
できるだけ具体的に書いていただけると嬉しいです。

ご意見、ご要望、応援メッセージなども大歓迎です。

いつもたくさんの応援コメント、率直なご質問ありがとうございます。大変励みになっています。

愛& 感謝!

スポンサーリンク




Amazonなら即日配送

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です