下半身太りが解消しない理由

下半身太りに悩んでいませんか?

それほど体重が多いわけでもない。
ダイエットも頑張っている。
でも上半身ばっかり痩せてしまって、
下半身は太いまま。

ぽってりしたお尻。
パツパツの太もも。
がっちりしたふくらはぎ。

一生懸命マッサージしても細くなる気配もない。

もしあなたがそう悩んでいるなら、
この記事はあなたの有効な解決策になる可能性があります。

下半身痩せ、脚やせしたいなら、注目すべき場所は
脚ではない
可能性が高いのです。

下半身(脚)が太くなる理由

ズバリ、下半身(脚)が太くなる理由は、

下半身(脚)に過剰な負担が
かかっているから

です。

下半身に過剰な負担がかかっている場合は、
その部分を太くして、
負担に耐えられるようにする必要があるので
必然的に太くなっていきます。

しかも不自然に。

下半身(脚)に負担をかける原因は?

下半身を不自然に太くする負担(負荷)とは、
具体的に以下の2点です。

・骨格の歪み
・体幹の弱化

骨格の歪みが脚を太くする理由

本来人間の身体は
負担の大きい場所の骨や筋を
太く、強くしているだけでなく、
全体的な構造や運動時の関節の連動した動きにおいても
身体の負担を分散し、
特定の箇所に過剰な負担がかからないように
うまくできています。

ですが、その一部でも
偏った生活習慣や姿勢により乱れ、
過剰な負担がかかる場所ができると、
その部分の筋肉が異常に太くなったり、
反対に筋肉が退化する部分ができ
その部分の代謝が下がり、
脂肪がつきやすくなったりします。
老廃物が溜まりやすくもなるので、
むくみやすくもなります。
(つまり、慢性的に脚が太くなります。)

更に、ひどくなると関節や骨自体が
異常に太くなったり、
変形したり、
異常な骨が発生することもあります。
(こうなると美脚を取り戻すのは
ほぼ不可能です)

体幹の弱化が脚を太くする理由

体幹とは、つまり身体の幹。
中心軸となる場所です。
大切な内臓を納め、
身体を支える中心部分です。
本来はふにゃふにゃせず
しっかりと強く安定している場所です。

一方、脚は体幹から出ていて
本来はスマートで軽く
自由度のある動きをする場所です。

立っていると
脚の方が体幹より下にあるので
脚が体幹を支えているように思いがちです。

もちろん立っている時は
足が体幹の重さを受け止めている要素はあるのですが、
本来、体幹は足を引き上げる力を持っています。

これは筋肉の構造を見れば一目瞭然です。

この人間の基本的な構造を踏まえた上で、
体幹を鍛えることで
脚が細くなる機序を説明すると
以下の通りです。

体幹を鍛えることで、
体幹自身で体幹の重さを支えることができます。

骨盤のアライメントが整い、
ヒップが上がり、足が長くなります。

体幹から骨盤周辺、更に股関節へと伸びる
大きな筋肉の力により
脚を引き上げ、支える力が増強します。

脚を引き上げる力が上がるので、
下半身の負担が減り、
下半身は本来の自由度の高い動きができるようになり
余計な筋肉や脂肪がつくこともなくスリムになります。

具体的には、太くなりやすい
外もも、前もも、ふくらはぎがスッキリし
いわゆる美脚になります。

更に脚の疲れもなくなり
移動や歩行が辛くなくなったり、
むくみもなくなります。

体幹を鍛えることは
上半身を含め
全身の姿勢を良くすることにも繋がるので
印象そのものが大きく変わります。

個別の問題分析、
プログラム考案はメンバー限定
行なっています。

まとめ

身体の構造は
どこか一ヶ所だけ一生懸命ケアしても
大きく変化することはありません。

解剖学的、生理学的構造を理解した上で
問題点を正しく見極め、
その問題点を解決することで、

悩みが解消するだけでなく、
全身が良い方向へ向かっていきます。

質問受付

個別には返信できませんが、次回以降の内容や、
FAQ作成時に反映させていただきます。
できるだけ具体的に書いていただけると嬉しいです。

ご意見、ご要望、応援メッセージなども大歓迎です。

いつもたくさんの応援コメント、率直なご質問ありがとうございます。大変励みになっています。

愛& 感謝!

スポンサーリンク




Amazonなら即日配送

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です