Vol.2 長座前屈 (正しいストレッチの解剖学&運動学)

長座前屈

両脚を伸ばして座った姿勢から前屈して姿勢を伸ばす
基本のストレッチポーズ。

両脚を同時にストレッチするため、
片足(片脚)前屈
立位前屈より負荷が小さいので
まずはこのストレッチを正しくマスターすると
良いでしょう。

背中全体をリフレッシュさせて
内臓機能を整え、
消化機能を高める効果もあります。

ヨガのポーズでもあります。
ヨガでの名称:
・背面(背中)を伸ばすポーズ
・座位の前屈ポーズ
・Seated Forward Bend
・パスチモッターナ・アーサナ
・paschimottanasana

 

効果

1:血行促進効果
2:内臓機能強化
3:柔軟性強化
4:疲労回復
5:上記に伴う様々な健康、美容効果

ポーズ解説


1.長座位になる。
2.つま先を立て、背筋をまっすぐ伸ばし、骨盤から上半身を前に傾ける。
3.肩甲骨を後ろに引くようにしながら前屈を深めていきます。

坐骨を少し外側に広げ、
後ろに突き出し、
尾骨を下に押し下げるイメージで行うと
前屈を深めやすくなります。

 

注目すべき筋肉

・脊柱起立筋
・棘筋
・腰方形筋
・大臀筋
・中臀筋
・大腿四頭筋
・ハムストリングス
・腓腹筋

 

注意ポイント!

背筋はまっすぐ伸ばしましょう。
骨盤から体を折るイメージで。

 

筋短縮等で難しい場合は、
無理に身体を折ったり、
膝を伸ばす必要はないので、
それぞれの筋肉が気持ちよく伸びる姿勢から
はじめてください。

背中が丸くなってしまう時は
骨盤が後傾している可能性が高いです。

膝を曲げても
座布団などを使ってもいいので
骨盤から上半身をまっすぐに保ったまま
気持ちよく筋肉の伸びを感じましょう。

骨盤が後継し、背中が丸くなっている。

骨盤の位置を戻します。


筋肉の伸びを気持ちよく感じられる位置まで
膝を曲げても大丈夫です。

 

Youtube&利用教材

 


MUSCLE&MOTION 

質問受付

個別には返信できませんが、次回以降の内容や、FAQ作成時に反映させていただきます。
できるだけ具体的に書いていただけると嬉しいです。

ご意見、ご要望、応援メッセージなども大歓迎です。

いつもたくさんの応援コメント、率直なご質問ありがとうございます。大変励みになっています。

愛& 感謝!

スポンサーリンク




Amazonなら即日配送

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です