美脚、美姿勢の基準 〜姿勢チェックをしてみよう!〜

美しい姿勢、美脚の基準を知っていますか?

あなたは、今の自分の姿勢の問題点を知っていますか?

もしあなたが自分の体に悩みを抱えているのなら、
まず、自分の身体の身体のどこに問題があるのか、
それを正しく知る必要があります。

そのためには、正しい基準を持つことがスタートになります。

美脚、美姿勢の基準

この章を読むとあなたは、
美しい姿勢の基準と自分の姿勢を比べて、
自分の問題点がわかるようになり、
美脚、美姿勢の第一歩を踏み出せるようになります。

人間誰にでも癖はがある

日常で歩き、立ち、座り、様々な動作を行っていますが、
その動作に痛みや違和感がなければ、
その動作に問題があるとは考えず毎日を過ごしていると思います。

ですが、毎日の習慣の結果が現在のあなたであることは事実であり、
もし、今あなたが自分の体型に不満を感じているのなら、
普段の何気ない習慣が原因となっていると考えなければいけません。

例えば、こんなことありませんか?

・捻挫の後、骨格の矯正をせずそのままにしていた
・きついブラジャーをつけている
・合わない靴を無理して履いている
・頬杖をつく癖がある
・足を組む癖がある

例えば、一見体型とは関係のない上記のような生活習慣が、
あなたの骨格を歪ませ、筋肉のバランスを崩し、
下半身太りや貧弱な上半身、肩こり、腰痛、生理痛などの
原因となっているのです。

思い当たることがあるのではないでしょうか?

痩せたい場所がヤセて、理想の体型になるためには
まず正しい理想の体型を知る必要があります。

正しい理想の体型を知れば、
あなたの身体の問題点も必然的に浮き彫りになってくるでしょう。

美脚、美姿勢チェック

チェック1横から見ても前から見てもまっすぐ立つことができ、
バランスのとれた美脚ですか?

“”]
・両足の親指の付け根と踵をぴったりとくっつけて立った時に、
太もも、膝、ふくらはぎ、内くるぶしの4箇所がぴったりとくっつき、
内くるぶしとふくらはぎの間、膝のすぐ下、股間に適度な隙間がある。

・全身を正面から見た時に、
眉間、両鎖骨の間、恥骨、膝の間が一直線である。

・全身を真横から見た時に、
耳、肩先、股関節、膝、外くるぶしが一直線である。