ボディメイク実践理論, 美顔・小顔の作り方

写真は一生残るものなので一番可愛い自分で写りたいですよね。

セルフィーにしても、誰かに撮ってもらう写真にしても、加工やアプリで盛るのではなく、一番キレイな自分で写れるように、写真のプロから教えてもらった今すぐ使えるキレイに ...

ボディメイク実践理論

別腹とは、お腹いっぱい食事を食べた後でもう食事は食べられないけど、大好きなデザートなら追加で食べられる、というように、好きなものならいつでも食べられるという意味で使われるとても面白い表現です。

実際に【別腹】が存在す ...

ボディメイク実践理論

芸能人やセレブに人気の加圧トレーニングや血液クレジングなど特別な装置が必要な特別な美容法の原理は、日常の習慣や誰でもできる自宅トレーニングに簡単に取り入れられます。

若さと美しさを保つ原理を理解すれば、高額な美容費を使わな ...

ボディメイク実践理論

モテる女子はみんなよく寝ています。

睡眠には、どんなエステ・メイク・ダイエット(食事制限・運動)・モテテクニックも敵わない女性を魅力的にしてくれる効果があるからです。

モテる女子の共通点

モテる女子には共通点があ ...

ボディメイク実践理論

胸は貧弱なのにお尻が大きく脚が太い体型に多くの日本人女性が悩んでいます。

身体の構造を理解して正しく対処すれば、誰でも驚くほど簡単にボン(豊かなバスト)・キュッ(くびれたウエスト)・ボン(美尻)・キュッ(スラリとした脚)・ ...

ボディメイク実践理論

スタイルの良い美しい人に肩こりはありません。

つまり、辛い【肩こり】を正しく解消すれば、スタイルの良い思わず振り返りたくなる美人になれます。

そもそも【肩こり】とは

【日本人総肩こり時代】ともいわれ国民病になって ...

ボディメイク実践理論

女性の悩み(生理痛・生理不順・冷え・むくみ・下半身太り・肌荒れ・白髪..など)を根本的に解消してくれて、その上豊かなバスト・キレイなウエストのくびれ・カモシカのような美脚が揃った理想の女性らしいスタイル作りに欠かせない魔法の薬【女性ホ ...

ボディメイク実践理論

なぜ世の中には、「水を飲んでも太ると感じる人」と「たくさんたべても全く太らない人」がいるのでしょうか?

健康的に痩せるダイエットを成功させる上で一番重要な要素を考えるとその答えが見えてきます。

太りやすい人と太りにく ...

ボディメイク実践理論

ダイエットに「我慢」や「努力(頑張り)」は逆効果です。

身体に負担をかける習慣をやめ、身体が喜んで自然と理想体型になるように生活習慣を整えていけば、【頑張らない】で理想のキレイな体型が手に入ります。

ダイエッ ...

ボディメイク実践理論

痩せると胸がなくなるのはダイエット方法が間違っているからです。

姿勢を整えてスタイルを良くするアプローチをすれば、【スリムになりたいけどバストは豊かに保ちたい希望】は実現できます。

バストをきちんとケアする視点 ...

2020-05-13ボディメイク実践理論

ヨガが私たちの生活に広く浸透してきている中、ダイエット・健康・美容のために始めたヨガで関節を痛めたり、逆にスタイルを崩したりしてしまう人が増えているそうです。

ヨガは本質を理解して正しく行うと、美容面でも健康面でもたくさん ...

ボディメイク実践理論

ダイエット・ボディメイク・美容・健康維持には【マッサージ】が有効ですが、根本的な取り組み方が間違っていると効果が出ないどころか逆効果になることもあります。

身体はとても正直なので、間違った方法では効果は出ませんが、正しい方 ...

ボディメイク実践理論

ダイエット・ボディメイク・美容・健康維持には【ストレッチ】が有効ですが、根本的な取り組み方が間違っていると効果が出ないどころか逆効果になることもあります。

身体はとても正直なので、間違った方法では効果は出ませんが、正しい方 ...

2020-03-24ボディメイク実践理論

どんなに脚が細くても膝の形が綺麗に見える真っ直ぐなラインでなければ美脚とは言えませんが、逆に多少脚が太くてもバランスがとれていれば、メリハリのある美脚に見えます。

では、美しい脚のラインはどのようにしたら作れるのでしょうか ...

2020-03-22ボディメイク実践理論

ハイヒールをカッコよく履きこなす方法と効果的なダイエット方法は実は同じだった?

転ばず・前のめりにならずかっこよくヒールを履きこなせると女性は美しい。
この事実を否定できる人はいないと思います。

実際ハイヒー ...

2020-03-213D【筋トレ】

フロントブリッジとも呼ばれる前腕プランクは体幹強化に最適。
まずは正しい姿勢をマスターし、保持できる時間を伸ばしていきましょう。

基本を正しくマスターすれば、様々な応用トレーニングでより自分の希望にあったボディメイ ...

2020-03-213D【筋トレ】

美しい姿勢の土台である骨盤と背骨の柔軟性を高め、骨盤底筋群・臀筋を鍛えて締まったヒップを作りつつ、しっかり腹筋のトレーニングができる夢のような寝たままエクササイズを紹介します。

うつ伏せで負荷が少なくターゲットマッスルに集 ...

2020-03-203D【ストレッチ】

ウエストシェイプ効果の高い体幹をねじるストレッチを、解剖学的に骨(脊椎・背骨)の動きに注目してみていきます。

ツイストとは胸椎の回旋のこと。
上半身を捻る動きのほとんどは胸椎の回旋です。

腰椎はほとんど ...

2020-03-203D【ストレッチ】

ウエストシェイプ効果の高い体幹をねじるストレッチを解剖学(筋肉)の動きから正しく理解しましょう。

骨盤の位置は平行、背筋はまっすぐ伸ばしたまま行うことがポイントですが、その際にどの筋肉に意識を向ければよいかがわかります。

2020-03-203D【ストレッチ】, 3D【筋トレ】

全身の筋肉に刺激を与え、猫背になりやすい現代人には姿勢矯正効果も高いストレッチ。
胸を解放し、呼吸も深くなるのでリラックス効果もあります。

普段使わない部分に刺激が入り、頭が心臓より下になるポーズなのでリフレッシュ ...

2020-03-193D【ヨガ】

体側を伸ばして、更にねじる動作を加えたポーズ。

三角ねじりのポーズに似ていますが、より強度が高く、脚の引き締め効果が高いポーズです。

期待できる効果骨盤調整
背骨調整
体側ストレッチ
ウエストシェイ ...

2020-03-193D【ストレッチ】, 3D【ヨガ】

両脚を伸ばして座った姿勢から前屈して背中や脚の裏側を伸ばすポーズ。
背中や脚の裏側全体をリフレッシュさせて柔軟性を高めたり、内臓機能を整え消化機能を高める効果があります。

応用ポーズに繋がる基本のポーズなので、解剖 ...

2020-03-193D【ストレッチ】, 3D【ヨガ】

柔軟性を測るためのポーズやストレッチとしてもよく使われる姿勢ですが、ターゲットマッスルを意識することでより効果を高められます。

腹部への刺激も入るため婦人科系の問題の緩和する効果もあり、逆転系ポーズを行う前の練習にも役立ち ...

2020-03-193D【ストレッチ】, 3D【ヨガ】

片脚をあぐらにして前屈し、背中を伸ばすポーズ。
脚・上半身・背中のストレッチ効果や腹部の刺激よる内臓活性効果が期待できます。

片脚ずつストレッチするため、座位の前屈ポーズより深いストレッチ効果が期待できま

2020-03-193D【ヨガ】

両脚を伸ばして座り手で床を押すようにして身体を支える基本坐法のひとつ。
体幹の強さや下半身筋肉の柔軟性のバロメーターにもなります。

両脚を伸ばして体幹と下肢がL字になる坐位姿勢で、関節への負担が少なく姿勢を整えたり ...

2020-03-193D【ヨガ】

「正座」として日本でも古くから親しまれている基本坐法のひとつ。

前もものストレッチ効果が高い反面、腰や膝に負担がかかりやすい坐法です。
解剖学的構造を理解して正しく取り入れることで、心身のリラックス・骨盤調整・姿勢 ...

2020-03-193D【ヨガ】

割り座とも呼ばれる坐法のひとつで、かかとの間にお尻(臀部)が入る正坐とも言えます。

リラックスできる基本の坐位ポーズですが、骨格の状態によっては膝・足首・腰にも負担がかかりやすいので無理して行わないでください。

期待 ...

2020-03-193D【ヨガ】

日本では「あぐら」として親しまれ、比較的簡単に取れる坐法です。

インドでも伝統的な坐法のひとつ。
安定感を保つために全身の筋肉を使うため、姿勢調整効果や体幹を鍛える効果が優れています。

股関節の外旋・外 ...

2020-03-193D【ヨガ】

全面の大きな筋肉のストレッチ効果、関節の伸展、背面の筋力の強化ができるポーズ。

姿勢改善や循環改善を促しリフレッシュにも効果的。

十分な柔軟性と筋力が必要なので、ターゲットとなる筋肉と関節の柔軟性を十分に高めて ...

2020-03-193D【ヨガ】

上半身と下半身をつなぎ内臓を納める箇所でもある骨盤。

骨盤周囲の筋肉をストレッチして股関節の柔軟性を高め、骨盤の位置を整える効果があります。

骨盤の位置が整うことで、姿勢改善や便秘解消も期待できる嬉しいポーズで ...

2020-03-183D【ヨガ】

身体全体で弓の形を作るポーズで背中の柔軟性を高め、身体の前面を伸ばします。

交感神経が優位になる筋トレ系ポーズのため、気持ちを前向きにしたい時にオススメです。

ただし、正しく行わないと腰を痛めやすいポーズです。 ...

2020-03-183D【ヨガ】

ラクダのコブのように胸を上に突き上げることから名付けられたポーズ。

背骨全体が伸びて胸が開くので、猫背の改善やバストアップに効果的なポーズですが、正しく行わないと首や腰への負担が大きいので、コブラのポーズなど、他の後屈系の ...

2020-03-183D【ヨガ】

座位で最も代表的なリラックスポーズで背中、腰、首を緩めます。

立位や座位のポーズからスムースに移行できるのでポーズの間のお休みのポーズ、呼吸を整えるためのポーズとしてオススメです。

首に力が入りがちなので、頭は ...

2020-03-183D【ヨガ】

大蛇を意味するブジャンガ。
うつ伏せから身体を大きく反らせる姿勢から名付けられました。

お腹や胸が大きく広がるため、心肺機能を高める効果が期待できるポーズなので、胸にしっかりと光りを当てるように心地よい伸びを感じて ...

2020-03-183D【ヨガ】

うつ伏せから脚を上げて身体を反らす姿をバッタに例えたポーズ。

背面のコリや緊張を効果的にほぐすことができ、太ももの裏からお尻の引き締めに効果的です。

上に持ち上げようと腰を無理に反らすと危険です。全身に心地よい ...

2020-03-183D【ヨガ】

上を向いて犬が伸びをしているように身体を大きく反らすポーズで、身体の前面が気持ちよくストレッチされ身体が活性化します。

胸を大きく開くポーズのため呼吸器系の不調改善にも効果的です。

太陽礼拝にも登場するポーズで ...

2020-03-183D【ヨガ】

コブラのポーズをソフトにした背面を優しくストレッチできるポーズ。

大蛇を意味するブジャンガと支えるを意味するサーランバより命名。

肘を肩の真下に置くことで、コブラのポーズよりも背中への緊張を軽減させた状態で胸を ...

2020-03-183D【ヨガ】

仰向けで寝て胸郭の動きを出し、身体を気持ちよく開くポーズ。

胸部のストレッチ効果も高く呼吸も深まる為、パソコンやスマホをよく使う方はリフレッシュしたい時や寝る前に行うとスッキリ!姿勢改善にも有効です。

正しく行 ...

2020-03-183D【ヨガ】

前屈を開脚立位で行うポーズ

頭の位置が心臓より下になり、背面の伸びをしっかり感じられるので逆転のポーズに類似する高い健康効果を負担少なく実感できます。

立っている時点で足の伸びがあるので座位で行う前屈よりもスム ...

2020-03-183D【ヨガ】

船のように身体を折り曲げてバランスをとるポーズ。

インナーマッスルが上手く使えていないと大腿(太もも)がすぐに辛くなりますが、腹筋や背筋などを十分に鍛えることで、余計な力が入らず呼吸も穏やかに行えるようになります。 ...

2020-03-183D【ヨガ】

骨盤に重心を乗せ胸の広がりを感じていくダイナミックなポーズ。

以下のポイントをつなぐと、弧を描いた半月のように見えることから半月のポーズと呼ばれています。

上に引き上げた手
体の延長線上に上げた足
軸足 ...

2020-03-183D【ヨガ】

ヨガの最も代表的なポーズの三角のポーズにねじりを加えたポーズ。
腹部をねじって刺激を与えることにより内臓の働きを活性化させる効果や下半身の引き締め効果が高いのが特徴。

期待できる効果体幹強化
背骨の矯正

2020-03-173D【ヨガ】

椅子に座るような姿が特徴。
シンプルでもとても力強いポーズです。

足首や太ももなど脚全体の強化や肩こり改善などに効果がありますが、正しく行わないと膝や肩を痛めがちです。
ポイントを理解してから行いましょう。 ...

2020-03-173D【ヨガ】

大地にしっかりと根を張り、真っ直ぐ立つ木をイメージしたポーズ。

最もシンプルな立位のバランスポーズですが、脚全体の筋力を引き締める効果が高く、複雑なバランスポーズへつなげるために正しくマスターしたいポーズです。

2020-03-173D【ヨガ】

上半身を逆転させるポーズ。
肩立ちのポーズの前後で行うと効果的です。

首から背中にかけての深いストレッチ効果や腹部内臓・甲状腺機能を高める効果、デトックス効果、若がえり効果も高く人気のポーズです。

ただ ...

2020-03-173D【ヨガ】

ヨガの女王とも呼ばれる代表的なポーズのひとつ。

身体を逆転させることで、素早く血行を促進し、頸部の後ろから背中がよく伸び、神経を穏やかにしてくれます。

甲状腺を刺激し、ホルモンバランスを整える効果もあり、美容、 ...

2020-03-173D【ヨガ】

頭頂部と前腕で全身を支える逆転のポーズ。
美容効果、健康効果が非常に高く、「アーサナの王」と呼ばれヨガを象徴するポーズ。

頸部へ負担をかけずに正しい姿勢が取れるようになったら、長時間キープすることでより高い効果が期 ...

2020-03-173D【ヨガ】

英雄(戦士)のポーズⅠを強化したポーズで、ウォーリアワンやウォーリアツーと比べても難易度の高いポーズ。

足裏全体で、体重を支え、骨盤を床と平行に保ちバランスをキープします。

軸足の膝を痛めないように、かつバラン ...

2020-03-173D【ヨガ】

立位の最も代表的なポーズのひとつ。ヒンドゥー教の三大神のひとり、シヴァ神の化身ヴィーバドラを讃えるポーズ。

安定感と開放感が同時に得られる流派を問わず人気のポーズ。

下半身を安定させるため、身体の土台作り、バラ ...

2020-03-173D【ヨガ】

ヒンドゥー教の三大神のひとり、シヴァ神の化身ヴィーバドラを讃えるポーズ。

敵に向かって敢然と立ち向かう戦士のように勇ましく脚を踏み出すポーズで、心身のエネルギーの高まりが感じられます。

足の位置で強度の調整がし ...

2020-03-173D【ヨガ】

ヨガの最も代表的なポーズのひとつ。
直訳すると『身体を傾けて横腹を伸ばすポーズ』で三角に全身を広げます。

ウェスト周り、股関節内転筋群、ふともも裏側のハムストリングスなど日常生活ではなかなか意識が向かない

2020-03-173D【ヨガ】

ダウンドッグという名前で親しまれている犬が伸びをしている姿を模したポーズ。

ソフトな逆転のポーズなので、高いリラックス効果と全身のストレッチ効果が期待できます。

太陽礼拝にも含まれますし、「休憩のポーズ」として ...

2020-03-173D【ヨガ】

肩や背骨を気持ちよくストレッチし、パソコン作業やスマホなどで凝り固まった上半身を優しく癒せるポーズ。

首に力が入りがちなので、頭は完全に床に預けるくらいの気持ちで首も完全にリラックスするようにしましょう。

期待できる ...

2020-03-173D【ヨガ】

ストレス解消や疲労回復に効果的!

股関節内転筋をはじめ、股関節周囲の筋緊張を緩める効果もあるので、憧れの180℃開脚を目指すためにも有効なポーズ。

リラックスしつつもターゲットとなる筋肉をしっかり意 ...