Vol.1 片脚(片足)前屈 (正しいストレッチの解剖学&運動学)

片足(片脚)前屈

片脚をあぐらにして背中を伸ばします。
脚、上半身、背中のストレッチ効果
腹部の刺激よる内臓活性化効果が期待できます。

片脚ずつストレッチして行くため、
長座前屈よりより深いストレッチ効果が期待できます。

ただし負担もかかりやすいので、
ポイントをしっかり抑えて行うようにしましょう。

ヨガのポーズでもあります。
ヨガでの名称:
・Head-to-Knee Forward Bend
・ジャーヌシルシャーサナ
・Janu shirshasana
・片足前屈のポーズ
・脚(膝)に頭をつけるポーズ

 

効果

“”]
1:血行促進効果
2:内臓機能強化
3:柔軟性強化
4:疲労回復
5:上記に伴う様々な健康、美容効果

ポーズ解説


“”]
1.長座位から片脚を曲げ、かかとを反対側の足の付け根に添え、膝を床に降ろす。
2.つま先を立て、背筋をまっすぐ伸ばし、骨盤から上半身を前に傾ける。
3.肩甲骨を後ろに引くようにしながら前屈を深めていきます。