Youtubeで【3Dヨガレッスン】配信中

よく寝る女子がモテる3つの理由〜良い睡眠は最高のエステ〜

よく寝る女子がモテる3つの理由〜良い睡眠は最高のエステ〜

モテる女子はみんなよく寝ています。

睡眠には、どんなエステ・メイク・ダイエット(食事制限・運動)・モテテクニックも敵わない女性を魅力的にしてくれる効果があるからです。

モテる女子の共通点

モテる女子には共通点があります。

  1. いつも笑顔
  2. 気持ちが穏やかで安定している
  3. 肌・髪・目がキレイ
  4. 健康的でバランスのとれたスタイル

これらは、睡眠をしっかりとることで誰でも達成できます。

よく寝る女子がモテる3つの理由

睡眠をしっかりとると以下の3つの効果が期待でき、魅力的なモテる女性になれます。

優れた精神安定効果

睡眠が不足すると、イライラしたり、マイナス思考になったり、物事に集中できなくなりますから、一緒にいる相手も楽しくありません。

質の良い睡眠をとると、心を休めてリフレッシュでき、心身のバランスをとる効果があるので気持ちに余裕が生まれます。

気持ちに余裕ができれば、いつも笑顔で、人もに優しく思いやりを持って接することができるようになるので、恋愛に限らず、よい縁やチャンスに恵まれやすくなります。

優れたアンチエイジング効果

睡眠不足だと、肌アレ・顔色の悪さ・くすみ・むくみがあったり、覇気のない1日になってしまいます。

顔色が悪く、肌や髪にツヤがなく、目に力がなければ、不健康そうに見えます。

男性は、メイクやファッションにこだわる女性よりも、肌や髪の美しい健康的な女性を本能的に求めています。

お肌の修復や生まれ変わりや老廃物の除去は眠っている間に行われるので、よく寝た朝のお肌のハリ・ツヤも十分で、美肌と美髪のナチュラル美人になれるので、恋愛に限らず、よい縁やチャンスに恵まれやすくなります。

優れたダイエット効果

睡眠と代謝は脳の同じ場所でコントロールされていて、ダイエットに影響するホルモン(グレリン・レプチン・成長ホルモン)が分泌されます。

グレリンは食欲を増進させ、レプチンは満腹感を伝えるホルモンで、食欲を抑えて脂肪燃焼を促す効果もあります。

睡眠不足が続くとレプチンの分泌が減り、グレリンが増加してしまいますので、寝不足の翌日は普段より空腹を感じやすくなります。

寝不足だと何となく、やけ食いしてしまうのもホルモンが原因かもしれません。

また、人間は眠っている間に肌や髪をキレイにする(身体の大掃除をする)ために頑張って働いていますので、よく眠れた時は朝起きた時には0.6kg〜1kg位の体重が減るほどのエネルギー量を消費しています。

つまり、ちゃんと眠らないということは、太った老廃物だらけの自分を作る努力をしていることになってしまいます。

実際、食生活は何も変えず運動も特にしていないのに、睡眠時間をしっかり確保するようになってからキレイに痩せた人はたくさんいます。

美しくなる眠り方

睡眠は美しい女性であるためにまず一番に優先するべき生活習慣です。

ぐっすりと良質な眠りを確保するために、生活習慣と環境を整えましょう。

まず眠る時間を確保

1日のスケジュールのうち、6時間以上連続して眠る時間をまず確保してしまいましょう。

やりたいことがあったり、仕事が忙しかったりするとついつい眠る時間を削りたくなってしまいがちですが、睡眠不足では良い仕事も良い恋愛もできません。

思い切ってまず眠る時間を作ってしまうことで、仕事の効率が以前より上がって成果が出るようになったと言う声は本当にたくさん聞きます。

眠ることで健康、美容、ダイエット効果が得られれば、例えば、無理して通っているジムやエステの時間も不要になるかもしれませんし、肌が艶々になるので肌トラブルを隠すためのメイクやスキンケアの時間も要らなくなり、より有意義なことに時間とお金を使える様になります。

しっかり食べて熟睡する

人間の身体は眠っている間に起きている間にはできないとても大切な仕事(身体の掃除と細胞の再生)をしています。

よく眠った朝は肌がきれいで、頭もスッキリしているのは、身体があなたの細胞を生まれ変わらせる作業を行い、不要なものを排出させる作業をあなたが寝ている間に完了させてくれたからです。

眠るためにも十分なエネルギーが必要なので、スッキリと眠り、朝気持ちよくお腹が空いて目覚められることも考えて、1日の食事のスケジュールや量を決めましょう。

日中のストレスを寝るまでにリリース

現代はストレス社会です。

ストレスが多すぎて、夜になっても神経が興奮したまま夜寝付けない人も増えています。

疲れているのに眠れないとか、寝たいのに目が冴えてしまう時は、日中の筋肉のこわばりをほぐし、全身をリラックスさせ、呼吸を深めるストレッチやマッサージとアロマをうまく合わせると効果的です。

湯船に浸かって入浴し、好きな香りの入浴剤などをうまく取り入れると良いでしょう。

温かさで筋肉が緩み、蒸気の保湿効果でお肌が潤い、香りにより呼吸が深まるので、リラックス効果が高まります。

入浴後は、軽いストレッチ、マッサージ、ヨガをなどを行ったり、ストレッチポールに乗ったりして、日中の筋肉のこわばりがほぐしましょう。

副交感神経が優位になり、呼吸も深まり、精神安定効果もあるので、入眠しやすくなります。

パソコンやスマホなどで目を酷使する人は、入浴中や寝る前にホットタオルなどで目の周りを温めて目の周りの筋肉を一緒にほぐせば、眼精疲労や頭痛や頭の重さも改善できます。

ぐっすり眠れる環境を作る

寝具、カーテン、照明、パジャマなど眠りの環境作りもぐっすり眠るためにはとっても重要なポイントです。

寝室

  • リラックスしやすい色はブルー系
  • 遮音や遮光も考慮したカーテン
  • 夕方からのリラックスタイムは、赤みがかったろうそくの火や夕焼けの赤い光のような照明がおすすめ
  • 夜は脳の体内時計に刺激的な光が差し込まないように間接照明
  • 読書時は本だけを照らすスポットライト
  • 寝る直前は足元照明だけ

  • 寝具とパジャマ

  • パジャマ:身体への締め付けがなく、リラックス効果の高いパジャマ
  • 寝具:吸湿性と通気性が良く、身体のに負担のないもの
  • ボディデザインカテゴリの最新記事