Youtubeで【3Dヨガレッスン】配信中

朗報!【別腹】が科学的に証明されました!〜食べたい欲求と効果的な食べ過ぎ防止対策〜

朗報!【別腹】が科学的に証明されました!〜食べたい欲求と効果的な食べ過ぎ防止対策〜

別腹とは、お腹いっぱい食事を食べた後でもう食事は食べられないけど、大好きなデザートなら追加で食べられる、というように、好きなものならいつでも食べられるという意味で使われるとても面白い表現です。

実際に【別腹】が存在することは科学的に証明されています。

【別腹】と【私たちの欲求】の関係を理解すれば、食べ過ぎ防止を予防したり、ダイエットの成功に役立ちます。

別腹の存在を証明した実験

すでに満腹(胃にスペースがない)状態の被験者の胃の内部を撮影しながら、いくつかの食べ物を目の前に差し出して変化を見る実験で、大好物を目の前に出した時にだけわかりやすく胃にスペースができたそうです。

目の前に大好物が現れると、食べたいという欲求が、消化を促進させたり胃を広げたりなどなんらかの身体の変化を誘導していて、物理的に胃のスペースを作るほどのパワーがあることを示した興味深い実験です。

欲求は消せない

心理学的も脳科学的にも欲求を消すことはできないと言われています。

理性や根性で抑えたように感じたその欲求は消えている訳ではないので、なんらかの別の方法で満たされなければ、満たされない不満がストレスとして溜まっていくだけなので、ある時爆発してしまうリスクがあります。

ダイエットなどで食べたいものを我慢している時にイライラしやすいのは、食べたいという欲求を押さえ込んでいるため、他でその欲求を満たそうとしているからです。

好きなものから美味しく食べて健康的にダイエットしよう!

ダイエットをして痩せたいと思う場合、まず最初に見直さないといけないのは食習慣で、特に「食べ過ぎ」には何のメリットもないのですぐに止める必要があります。

とはいえ、ただ単純に食べたいものを我慢する方法では絶対に成功しません。

別腹が存在するし、食べたいものを我慢するのはストレスになるし、そもそも欲求は消せないからです。

ただ、もし何らかのストレスの解消を食べ物に求めて食べ過ぎになっている場合は、食べ物を我慢しようとか、食べてしまった自分に罪悪感を感じるのではなく、ストレスの根本原因を解消するように心がけましょう。

例えば、睡眠時間を十分にとるだけでも食欲は安定するので、食べ過ぎが無くなります。

よく寝る女子がモテる3つの理由〜良い睡眠は最高のエステ〜

また、どうしても食べたいものがある時や大好きなものがある時は、それがダイエットによくないと言われているものであっても、食べないことがストレスになってしまうなら、むしろ【美味しく・楽しんで】食べましょう。

もちろん、好きなものを好きなだけ食べることを勧めている訳ではありませんが、食べない方がいいとわかっていてもやめられないものがあるのなら、逆転の発想で【好きなものを満足して食べる】ことをうまく取り入れる方がメリットが大きく、ダイエットも成功しやすくなる可能性があります。

罪悪感を感じながら食べるよりも美味しく楽しく食べた方が満足度も高いので、ストレスによる暴飲暴食が自然となくなっていくなど、我慢してずっとストレスを感じているよりもダイエットが成功しやすくなります。

ボディデザインカテゴリの最新記事