Youtubeで【3Dヨガレッスン】配信中

ストレッチで理想のボディをデザイン【美脚・美姿勢・部分ヤセ!】

ストレッチで理想のボディをデザイン【美脚・美姿勢・部分ヤセ!】

ダイエット・ボディメイク・美容・健康維持には【ストレッチ】が有効ですが、根本的な取り組み方が間違っていると効果が出ないどころか逆効果になることもあります。

身体はとても正直なので、間違った方法では効果は出ませんが、正しい方法でストレッチを行うとすぐに部分ヤセ・美脚・姿勢改善・健康・美容効果が実感できるようになります。

ストレッチとは

ストレッチとは、人間の骨格や筋肉の走行など解剖学・生理学的観点から身体への影響を考え、安全かつ効果的に筋肉緊張バランス調整(ハリ・凝り・緩み解消)や骨格(アライメント)調整(姿勢改善・美脚・バストアップなど)ができるように考案された動作およびポーズです。

ストレッチのよくある勘違い

ストレッチとは、ポーズ見本と同じ(ような)姿勢を作ろうとすることではありません。

結果的に同じポーズが取れるようになることでターゲットとなる筋肉に適切な刺激が入りやすくなりますが、自分の身体の状態や解剖学的構造を無視してポーズをとることを目的にしてしまうと、本来効かせたい場所とは異なる場所に不適切な刺激が入ってしまい、望む効果が出ないどころか、身体を痛めてしまうなど逆効果となってしまうケースを非常によく見かけます。

ストレッチの正しいやり方

正しいストレッチを実践して美容や健康効果を実感するためにまず以下のポイントを意識しましょう。

  1. ストレッチを行う目的を正しく理解する
  2. 自分の現在の身体の状態を正しく把握しておく
  3. 自分の身体に生じている変化を意識しながら行う
  4. 気持ち良い刺激を重視する
  5. 無理しない
  6. 痛い・不快と思う動作はしない


どんなストレッチでも、まず目的を理解しましょう。

そして回数や秒数は少なくてもいいので、ひとつひとつを丁寧に正しく行う方が早く効果がでます。

最初は見本の通りポーズや目安回数や秒数できなくて当たり前ですので、数やポーズをとることを目的にするのではなく、ストレッチをしながら自分の身体を変えることを目的に、ひとつひとつの動作で変化しているい自分の身体に意識を向けて丁寧に行ってください。

ストレッチはいつやると効果的?

いつでもどこでもできるタイプのストレッチであれば、気持ちの向いた時に行いましょう。

身体を大きく動かすストレッチは、身体が固い時や気持ちが落ち着いていない時に無理して行うと逆効果になる場合が多いので、お風呂上りのリラックスした状態で行うのがベストです。

ストレッチで全身の循環を促してリラックスできれば熟眠効果も期待できるので、もし習慣としてルーティーンに組み込むのでればお風呂上がりに15分くらいのストレッチタイムをとって、その後直ぐに布団に入ってぐっすり眠れば美容や健康面での相乗効果が期待できます。

継続できる工夫も大切

ストレッチを継続して理想の自分になるためには、正しい方法で継続することが大切です。

解剖学・生理学的構造やストレッチの目的を正しく理解していれば、同じ筋肉をストレッチする場合でも、坐位・臥位・立位などポジションや負荷は自由に自分にあったスタイルにアレンジできます。

丁寧に正しい方法で気持ちよくストレッチを継続できるように、自分のライフスタイルに合わせて無理のなくできるストレッチを取り入れていきましょう。

ボディデザインカテゴリの最新記事